こんにちは!三重県桑名市と関東に事務所を構え、全国で高速道路の遮音壁工事や防護柵設置工事などの建設を手がけている大昭株式会社です!
吹き付け工事は道路工事のなかの大事な施工の一つですが、道路の補修のような一般的な道路工事に比べると、知名度が低いかもしれません。
道路工事職人を目指すのであれば、あらかじめ知っておいて損はない施工です。
今回は道路工事業界にご興味をお持ちの方向けに、吹き付け工事についてご紹介いたしましょう。

吹き付け工事ってどんな工事?


吹き付け工事の主な目的は、橋脚や法面といった箇所の耐震補強であり、ポリマーセメントモルタルという特殊な素材を表面に塗りつけていくことで補強を行っていきます。
セメントに水と細骨材と呼ばれる砂利を混ぜあわせたものは、セメントモルタルと呼ばれ、建物の下地やコンクリートの表面仕上げ、接着剤など幅広い用途に用いられています。
ここにポリマーを加えたものが上述のポリマーセメントモルタルであり、ポリマーが入ることで接着性や防水性、耐衝撃性などが向上して補強に適したものとなっているのです。
この特殊な素材を適切に扱うことが、吹き付け工事の主な業務です。

安全を守るための大切な施工

ポリマーセメントモルタルを用いるメリットは多岐にわたり、耐震性補強だけでなく防水性を高め、サビを防ぎ、金属部の防食にも寄与してくれます。
また水分に反応して硬度を増す性質を持っているため、湿度の高い環境においても問題なく施工を行うことができ、十分な強度を確保することが可能です。
高速道路や鉄道などを支えることになる橋脚や、決して崩れてはならない法面には高い耐久性が求められます。
それを支え、地震のような不慮の衝撃にも耐えられるようにするための施工が吹き付け工事であり、人々の安全を守るための大切な施工なのです。

大昭へご相談ください!


大昭は三重県を拠点に、全国各地で高速道路の遮音壁工事や防護柵設置、各種道路工事を引き受けてまいりました。
丁寧なヒアリングでご要望を汲み取り、ご期待以上の施工をご提供いたします。
まずは費用のお見積もりだけでもお気軽にご相談ください。

【求人】大昭では新規スタッフを募集中!

大昭では、道路工事の現場に携わってくださるスタッフと、土木施工管理技士の資格をお持ちの方を募集しています。
道路や高速道路にかかわる公共工事を多く請け負っている弊社は、安定した業績をあげており、安心して長く働いていただける会社です。
各種保険や福利厚生を充実させているほか、昇給、賞与に諸手当もあり、月給50万以上を目指していただける環境を整えています。
大昭で一流の道路工事職人を目指してみませんか?
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


三重県で高速道路や防護柵の遮音壁工事・道路工事は桑名市の大昭(株)
ただいま新規スタッフを求人募集中です!

〒511-0802 三重県桑名市川崎町49番地
電話:0594-73-5828 FAX:0594-73-5829