こんにちは!、各種道路の防護柵や遮音壁の設置や各種建設工事を主な業務としています、三重県桑名市の
大昭株式会社です。
桑名市、さいたま市を含む三重県や埼玉県の各地域でお仕事を請け負っております。

鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリートの建造物だから安心とは限りません。
地震大国である日本だからこそ、しっかりとした耐震補強を施して住む人の安全を守らなければなりません。

耐震補強の工法は、構造物の種類によっていろいろな方法があります。
コンクリートと鋼材、既設コンクリートと新たなコンクリートの間に生じる隙間を埋めるというのもそのひとつです。
これは新旧の構造物の一体化という目的のために行う施工です。
それでは、具体的にどんな施工方法があるのかを見ていきましょう。

耐震補強グラウト施工


材料
耐震補強グラウト施工は、セメント系無収縮モルタルを材料とします。
その特長は、プレミックスのため均一な品質が得られるということ、通常のモルタルより流動性が高く隙間に無理なく充填が可能ということ、施工後の早い段階で強度を発現し、かつ長期間その強度を保つことができるということ、適度な膨張の後に無収縮性を発揮するということが挙げられます。

工法
巻立て工法は、地震発生時に柱が一気に崩壊しないように、既存柱に補強をするという工法です。
既存柱と鉄板の間に無収縮モルタルを注入することで、一体化をはかります。

増設壁工法は、間仕切り壁に新たな鉄筋コンクリートの耐力壁を作る補強法です。
周囲の既存の柱、壁、梁と新たに作った壁などの隙間に無収縮モルタルを注入します。

ブレース工法は、開口部やピロティ部に鉄骨ブレースをはめることで耐震補強を行う方法です。
既存する柱、壁、梁と鉄骨ブレースの周りにできる隙間に無収縮モルタルを注入します。

耐震補強によって守られるモノ


ここまで耐震補強についてご紹介してきました。
大切なのは、既存の構造物と新設の構造物をいかに一体化させるかです。
そうしなければ、本当の意味での耐震補強にはなりません。

そして、それ以上に大切なのが、耐震補強によって守られるモノが何なのかについて、ひとり一人が意識するということではないでしょうか。
住んでいる人や働いている人の尊い命を守るためであるということさえ意識できれば、耐震補強を先送りすることがいかに危険かということがお分かりいただけるでしょう。
そのことを忘れずに、早め早めの耐震補強のご検討をお願いしたいと思います。

いかがだったでしょうか。
ぜひ耐震補強のご参考にしていただければ、幸いです。

防護柵、遮音壁の設置なら大昭株式会社へ

 

お客様第一です!
お客様第一でご対応しております。
防護柵工事・遮音壁工事についてのご相談なら、ぜひ弊社にご連絡ください。

素早い対応
素早い対応に自信があります。
すぐに駆け付け、対処します!

まずはお問い合わせください。 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。




三重・埼玉などの防護柵・遮音壁・道路工事は大昭(株)
防護柵・遮音壁・道路工事スタッフ求人募集中


〒511-0802 三重県桑名市川崎町49番地
電話:0594-73-5828 FAX:0594-73-5829