こんにちは!三重県桑名市に拠点を置き、防護柵工事や遮音壁工事などを手がける大昭株式会社です!
「防護柵や遮音壁ってどうして必要なの?」
このような疑問を持つ人も多いでしょう。
そこで今回は、「知りたい!防護柵工事・遮音壁工事の必要性」をテーマに設定し、具体的なご説明をしていきます。
ぜひ最後までご覧ください!

防護柵工事とは?

防護柵工事とは、道路において防護柵を設置する工事になります。
防護柵があることにより、車輪の逸脱防止や、歩行者の保護につながります。
したがって、道路における安全性の観点から、防護柵工事は必要となるのです。
また、最近では景観に配慮した防護柵へのニーズも高まっています。

遮音壁工事とは?

遮音壁工事とは、道路において遮音壁を設置する工事になります。
道路においては多くの自動車が走行するため、どうしても騒音の問題が発生します。
ただ、遮音壁があることで、騒音を一定防ぐことができるのです。
よって、遮音壁工事の必要性も非常に高いと言えます。
また、周辺環境に配慮した遮音壁も開発されていることから、一層ニーズが高まっています。

双方の工事は将来にわたって必要!

防護柵や遮音壁は、それぞれ重要な役割を担うものです。
そのため、今後もこの手の工事は多く行われていきます。
必要性の高い工事であるからこそ、我々としても大きなやりがいを持って仕事に取り組んでおります。

このように社会の要請に応えるべく、業務を行っている弊社だからこそ気にかけている事案があります。
それがなにかというと、頻発する交通労働災害についてです。
というわけで、最後に交通労働災害の現状とその防止対策について触れておこうと思います。

交通労働災害の現状

みなさんは、交通労働災害という言葉を聞いたことがありますか?
交通労働災害とは、労働者が通勤や業務を原因として、負傷や障害、死亡などの被害に遭遇することです。
交通労働災害は死亡災害全体の20%にものぼります。
政府は交通労働災害を喫緊の課題であると捉え、交通労働災害防止の対策に取り組むよう事業者に求めています。

交通労働災害防止の対策

事業者に求められているのは、交通労働災害防止ための管理体制の確立、衛生計画の作成と実施、安全委員会の設置と調査審議などです。
具体的には、運転者の拘束時間、運転時間、休憩時間、走行中の要注意箇所の認識、荷役作業の内容、走行経路などの走行計画の策定を行うこと、乗務前の点呼などによって、疾病、疲労、飲酒などの影響で安全運転が妨げられないかを確認することなどが求められています。

交通労働災害の防止は、安全な道路づくりやメンテナンスだけで達成できることではありません。
不幸な交通事故をなくすためにも、政府や事業者、労働者が一丸となって取り組んでいきたいものだと思います。

防護柵・遮音壁工事なら大昭株式会社へ!

防護柵や遮音壁の設置をご検討ではありませんか?
道路環境を良くする観点から、双方の設置は必要となります。
弊社であれば、長年の経験を活かして設置を行うことができますので、一度ご検討いただければ幸いです。
高速道路やバイパス、国道、市道、町道など、各種道路を対象にすることができます!
また、弊社では道路工事も手がけております。
各種道路の修繕、舗装、補修、耐震工事を承っておりますので、ぜひご依頼ください。
お問い合わせにつきましては、お電話または弊社サイトのメールフォームよりお待ちしております!

【求人】新規スタッフを募集中!

桑名市に拠点を置き、道路工事などを請け負う弊社では、新たなスタッフを必要としております。
具体的には、防護柵工事、遮音壁工事、道路工事にかかわる現場スタッフを募集中ですので、ぜひご検討ください。
未経験でも快適に働いていただけるよう、適切に環境を整備しております!
お気軽に求人・協力会社様情報ページからご応募ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!


三重県で高速道路や防護柵の遮音壁工事・道路工事は桑名市の大昭(株)
ただいま新規スタッフを求人募集中です!

〒511-0802 三重県桑名市川崎町49番地
電話:0594-73-5828 FAX:0594-73-5829