こんにちは、さいたま市や桑名市をはじめとした埼玉県、三重県の各地域で各種道路の防護柵や遮音壁の設置や
各種建設工事を承っている大昭株式会社です。

遮音壁とは、文字通り音を遮ることを目的とした壁で、いわゆる道路交通騒音を遮音するための壁です。
日本全国の道路に設置されて、様々なところで活躍しています。
それでは、遮音壁が役立つケースについてご紹介しましょう。

平面の道路

平面の道路の場合、高い遮音壁は歩行者に圧迫感を与えてしまうため、高さ1m程の低層遮音壁を設置します。
一般的に遮音壁は高さがあることで効果を発揮するため、低層遮音壁では低層住居群にしか遮音効果がありません。
そのため中央分離帯に吸音性遮音板を設置して、カバーすることもあります。

高速道路

高速道路のような高架構造の場合、平面道路とは別の騒音が発生します。
高架構造物の上を自動車が走ることで、走行音・エンジン音などの空中伝搬音や構造物そのものが発する構造物音が発生し、道路近くの低層住宅に影響を与えます。
空中伝搬音の対策として有効なのが、遮音壁先端に吸音体のついた先端改良型遮音壁です。
このように騒音の種類によって、様々な遮音壁が開発されてきたのです。

日照阻害の影響がありそうな道路

日照阻害とは、何らかの要因で日当たりが悪くなってしまうことをいいます。
道路交通騒音を遮るための遮音壁ですが、逆に日照を阻害してしまうということも。
そのため、光を透過する透光性遮音板が開発されました。
透光性遮音板を設置することで、日照阻害の問題も解消され、閉塞感も緩和されます。

少しは遮音壁にご興味を持っていただけましたでしょうか。
今後も様々な情報をお伝えしていきます。

各種道路の防護柵や遮音壁の設置や各種建設工事は大昭株式会社!

実績多数で安心!

たくさんのケースを経験しているから安心です!
様々なノウハウがあるので大丈夫です!

お客様ファースト

お客様ファーストの弊社にお任せください!
お客様のニーズをしっかりと受け止めてから、各種ご提案を行っています!

どうぞお気軽にお問い合わせください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。 


三重県で高速道路や防護柵の遮音壁工事・道路工事は桑名市の大昭(株)
ただいま新規スタッフを求人募集中です!

〒511-0802 三重県桑名市川崎町49番地
電話:0594-73-5828 FAX:0594-73-5829